北海道創価学会公式ページ
戸田記念墓地公園

ホーム 三代会長と北海道
北海道創価学会<三代会長と北海道>
北海道創価学会<平和・文化・教育活動>
北海道創価学会<展示活動> 北海道創価学会<音楽活動>
北海道創価学会<文化活動> 北海道創価学会<教育活動>
北海道創価学会<地域運動> 北海道創価学会<青年運動>
北海道創価学会<北海道創価学会の歩み>
北海道創価学会<三代会長と北海道>
北海道創価学会<初代会長 牧口常三郎>
北海道創価学会<第2代会長 戸田城聖>
北海道創価学会<第3代会長 池田大作>
北海道創価学会<三代城の歌>
北海道創価学会<会館案内>
創価学会戸田記念墓地公園
北海道創価学会<報道被害事件の概要>
リンク集
サイトマップ
利用規約

戸田記念墓地公園
三代会長が愛した北の台地
三代会長との北海道のかかわりはそれぞれに深く、牧口常三郎初代会長は青年時代をこの北の大地で学び、戸田城聖第2代会長は故郷として幾多の足跡を残しました。そして、この北海道を誰よりも愛したのが池田大作第3代会長(現・名誉会長)なのです。


牧口常三郎(まきぐちつねさぶろう)
牧口常三郎初代会長と北海道
民衆の中で、民衆の幸せを目指し行動し続けた牧口常三郎初代会長。その初代会長が青少年期の貴重な16年を過ごし、また、教育界での縦横の活躍や、布教の先駆の活動を展開した大地・北海道。そのロマンの地に育まれた種は、やがて凍てついた大地を割り、今では幾多の希望の花として全世界へ広がっている。つづき・・・




牧口常三郎(まきぐちつねさぶろう)
戸田城聖第2代会長と北海道
「この地球上から悲惨の二字をなくしたい」との烈々たる決意で、民衆の幸福のために生涯を賭した戸田城聖第2代会長。「地球民族主義」を掲げ、核兵器全廃をさけんだ宣言は現在の創価学会平和運動の原点となっている。北海道厚田村を故郷とし、1958(昭和33)年4月2日に58歳の生涯を終えるまでの、波乱に満ちながらも仏法を現代に息づかせたその人生は、今も永遠の光彩を放っている。つづき・・・




牧口常三郎(まきぐちつねさぶろう)
池田大作第3代会長と北海道
牧口初代会長、戸田第2代会長に加え池田名誉会長(第3代会長)も北海道と深き縁(えにし)で結ばれている。26歳の若き日に初来道して以来、現在に至る まで「小樽問答」「札幌・夏の陣」「夕張炭労問題」など、全国に名高い民衆勝利の歴史が、池田名誉会長の来道とともに刻まれてきた。来道回数は現在まで51回を数える。2004(平成16)年8月には初来道から50周年の佳節を刻んだ。この三代会長と北海道の深い縁(えにし)こそが北海道創価学会の誇りである。つづき・・・



平和・文化・教育活動 北海道創価学会の歩み 三代会長と北海道 三代城の歌 会館案内 戸田記念墓地公園 報道被害事件の概要
北海道創価学会公式ページ Copyright(C) 2004-2015 Hokkaido SOKA.net All rights reserved.